訪問感謝、音楽アップさせてもらって感謝。 一曲いい曲、ふらっと立ち寄る音楽の宿。
いい曲音楽生活宜しくどうぞ。随時更新。


注意:音量には十分お気をつけて!

BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENと言えば、
私の中ではスピッツと並ぶ2大青春声ボーカルバンド。


スピッツの草野さんと同様、ボーカル藤原さんの声が、
青春そのもののように心に染み入り、
記憶を一瞬にしてその頃に戻す魔力を秘めている。


メジャーデビュー時からメディア露出が極端に少ないバンドだったことから、
メディアが苦手なイメージを個人的に想像していましたが(今でも真意はわかりませんが。。)、

彼らのアルバム音源の最後には、非常にユーモア溢れる仕掛けが施されたりと、
メンバーのお茶目な一面を知ることができます^^

自分達の好きなことだけを、好きな音楽だけを
ファンの人に見てもらいたい、そして届けたい、
誰にも媚びないそのような信念を感じさせてくれるバンド。


好きにならないわけがありません^^


“車輪の唄”



以下、
Wikipediaより。

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)は、1994年に結成された、日本のオルタナティヴ・ロックバンド。略称として『バンプ』『BOC』などが用いられる。トイズファクトリー所属。バンド名は『弱者の反撃』という意味を持って名付けられた。2011年1月21日時点でのアーティストトータルセールス(CD総売上)は約693万枚(オリコン調べ)。


メンバー
全員が1979年生まれで千葉県佐倉市出身(藤原のみ秋田県生まれ)。また「メンバーは皆平等」との考えから、バンド内でのリーダーは決めていない。

藤原基央(ふじわら もとお) ボーカル、ギター、作詞・作曲

増川弘明(ますかわ ひろあき) ギター

直井由文(なおい よしふみ) ベース

升秀夫(ます ひでお) ドラムス


音源
リリース音源はほぼ全てハーフ・ダウン・チューニング(ギターとベースは、レギュラーチューニングから全ての弦を半音下げた状態)で作られている(ハーフ・ダウン・チューニングで作られていない楽曲の例:「embrace」「ハンマーソングと痛みの塔」など。またCOSMONAUT収録の「三ツ星カルテット」「beautiful glider」は初めて変則チューニングを用いて作られた)。

全てのCD・ビデオ・DVD・一部の公式スコアブックに隠しトラック・隠しジャケットが存在する。隠しトラックでは、通常と違い基本的にメンバー全員が曲作り(特に作詞)に参加している。そのトラックまでには幾つかのブランクがあり、それを知らずにカセットテープなどに録音すると、かなりの空白部分ができる。また、CDケースのディスクをはめるプラスチックの台を取り外すと、そのCDの隠しトラックの歌詞が出てくるものもあり、隠しジャケットと呼ばれる。ちなみに、すべてBUMP OF CHICKENのメンバーが演じている。

CDの合計収録時間には意味が込められているものもあり、例を挙げると以下のとおりである。

「天体観測」の「20分01秒」は「2001年」。
「涙のふるさと」の「20分06秒」は「2006年」。
『車輪の唄』の隠しトラックが「トラック12」の「24秒」から始まるのは「12月24日」から。
『宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル』の「20分10秒」は「2010年」。
『jupiter』などのアルバムの合計時間は60分、70分ジャスト。
『orbital period』のトラック数が「28」なのはアルバム名の由来にもなっている公転周期(軌道周期)から。また、ガラスのブルース(28years round)もこの理由から。
『COSMONAUT』の全収録曲および総収録時間が19曲79分04秒なのは1979年生まれの4人という意味から。


ライブ
ライブでの登場曲はザ・フーの「A Quick One While He's Away」であるが、「ホームシップ衛星」や2008年のライブでは、『orbital period』収録曲「星の鳥」を使っていた。

メンバーは手拍子や斉唱が苦手で、以前は手拍子の音が大きくて演奏を中断することもあったが、現在では「fire sign」「ガラスのブルース」「かさぶたぶたぶ」「supernova」等で藤原自ら客にマイクを向けたり、手拍子を誘うこともある。


ここまで引用。

以上。



宇多田ヒカル

Automatic発表時、当時15歳だった彼女の年齢に
度肝を抜かされたこと、今でもはっきり覚えています。

それから時を経て、
彼女もすっかり大人の女性に。


ウタダと言えば、自分の中で非常に印象的な
“サビ歌詞革命”、“多重コーラス録音”。

現在の音楽シーンに多大な影響を
彼女ひとりの手で与えたと言っても過言ではない程の
アーティストだと感じています。


そんなウタダさん、帰国子女ということもあってか、
その掴み所のないフランクな性格に賛否が分かれることも
あったりしますが、ホンマもんのアーティストとはそういうもの。


今後もその才能を存分に披露してくれること、
大いに期待してます^^


“Flavor Of Life -Ballad Version- ”



以下、
Wikipediaより。

宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、Hikaru Utada、1983年1月19日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。本名、宇多田 光(読み同じ)。愛称はヒッキー(Hikki)。

アメリカ合衆国ニューヨーク州出身で、デビュー当時はアメリカと日本の二重国籍だったとされるが、その後については公式の発表はない[3]。2000年頃の日本のR&Bブームに大きな影響を与えた。


・音楽性
ほぼ全ての曲で作詞、作曲を手がけ、多くの曲で編曲も自ら行う。アルバム『ULTRA BLUE』以降はプログラミングも自ら行っている。

早熟な音楽家の近年代表例である彼女だが、雑誌のインタビューで絶対音感を持っていることを否定しており、「音がみんなドレミで聴こえるなんていただけない」といった趣旨の言葉をつづけている。

初期のころはR&B調の曲が多かったが、最近はポップ、バラードなどとジャンルが幅広くなっている。これは、本人曰く1つのジャンルにとらわれたくないからだという。2004年の海外進出後、しばらく浮遊感のある暗い曲が多かったが、2007年の『Flavor Of Life』でポップな作風に戻っている。デビュー当初から宇多田を担当している三宅彰は、宇多田のデビュー10周年の際に受けたインタビューで宇多田の変化についてコメントしている。デビューアルバム『First Love』から『ULTRA BLUE』までのアルバム4枚は誰に向けて書いたのか具体的に見える曲が多かったが、『HEART STATION』は顔の見えない不特定多数に向いていると述べている。三宅はこれを「10代は内面に向かいがちだったのが、20代半ばになり社会と自分というものを結びつけることができるようになったのかなと思う」と評している。続けて三宅は宇多田がデビュー当初から変わっていないところに、「声」を挙げている。曰く「音楽的な趣味も変わっているし、精神的にも大人になったし、見える景色も変わったでしょう。でも声の魅力と本質的な性格はあまり変わっていない」。

母の藤圭子が宇多田を演歌の陰鬱や悲しさに影響されないようにしようとした。ちなみに、彼女のカラオケの十八番はリトル・マーメイドによる「パート・オブ・ユア・ワールド」。

・影響
フレディ・マーキュリーを尊敬している。自身のサイトにおいて、好きなアーティストにナイン・インチ・ネイルズ、モーツァルト、ジミ・ヘンドリックス、バルトーク・ベーラ、レニー・クラヴィッツ、プリンス、エディット・ピアフ、コクトー・ツインズ、チック・コリア、ザ・ブルー・ナイル、ビョーク、TM NETWORK、尾崎豊、美空ひばりを挙げている。ツイッターではアット・ザ・ドライヴイン、マーズ・ヴォルタ、メタリカが好きだと発言。歌唱の面では元グルーヴ・セオリーのアメール・ラリューに強く影響を受けており、(自分の中で)師匠であると発言した。

・使用機材
エレキギターはテレビ出演時等、ギブソン・レスポール・スタジオの黒を使っているのが確認出来る。『Be My Last』はエレキギターで唄いながら創ったとも。作曲に使うのはMacで、使用ソフトはLogicとの発言あり。スタジオのエンジニアリングではPro Toolsを、昨今では活用しているらしい。キーボードはMac(主にノート型(恐らくMacBook、MacBook Pro))につなぐのはMIDIキーボード(PC-300)で、シンセサイザーとしてはKORGのTRITONを使っているという。最初のMIDIキーボードは、「Prisoner Of Love」のジャケット撮影時に偶然にも壊れた。それは5年間愛用したもので、チェコで仕事があった際も持っていったものである。TRITONは現在ニューヨークの自宅のトイレに置いてあるという。壊れても捨てられないほどの愛着がある機材は最終的にトイレに行き着く。


ここまで引用。

以上。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。