訪問感謝、音楽アップさせてもらって感謝。 一曲いい曲、ふらっと立ち寄る音楽の宿。
いい曲音楽生活宜しくどうぞ。随時更新。


注意:音量には十分お気をつけて!

吉井和哉

イエローモンキー(イエモン)時代も好きだったんですが、
ソロになった現在のほうが、個人的には好きなアーティスト。

彼自身、年を重ねてこれまで経験した様々な葛藤や呪縛から
開放されたかのような、自然体で情緒的なリリックが印象的。

年をとると人は落ち着いていくといわれる中、
それは人生の経験値が豊富になっただけのこと。

決して、若いときのソウルが薄れてしまうのではなく、
客観的に自分や世の中のことを考察したり観察できるように
なっただけのこと。

そして改めて自分の道を邁進するためのステップアップとして、
年をとっていくものだと思ったりします。


ギラつきを抑えられなかったイエモン時代を経て現在、

自然体に言葉を発する彼のシンプルな言葉に
あの頃よりギラついた魂を感じるのは、

これからどこへ向かおうとしている答えが
彼の中ではっきりと見えてきたからだと思わずにはいられません^^


“beautiful”



以下、
Wikipediaより。

吉井 和哉(よしい かずや、1966年10月8日 - )は、東京都北区出身、静岡県育ちのミュージシャン、シンガーソングライター。身長183cm。

概要
1986年にアーグ・ポリスでベーシストとして活動した後、1988年にロックバンドTHE YELLOW MONKEYを結成し(吉井はボーカル・ギター・作詞・作曲・プロデュースを担当)、1992年にメジャーデビュー、その後2003年にYOSHII LOVINSON(ヨシイ・ロビンソン)としてソロデビューし、2004年にTHE YELLOW MONKEYを解散する。2006年に吉井和哉と名義を変更し、現在に至る。

人物
オーディオマニアで、自宅には数百万円のオーディオシステムが組まれている。バンド活動休止後に名盤と言われるレコードを改めて聴き直した時、今までは気付かなかった自分の作品とのクオリティの差を痛感し、一時期は音楽を辞めようとまで思っていたという。

趣味は釣り。主に、バスフィッシングを小学5年生の頃からしている。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の芸能人釣り選手権にも2回出演しており、奥田民生と2人でCSの釣番組に出演したこともある。モバイルサイトのブログでは、河口湖や琵琶湖で釣りをしている報告が多々されている。愛車はメルセデス・ベンツ Cクラス C63 AMG クーペ。

デビューとほぼ同時に結婚しており、THE YELLOW MONKEY時代のアルバム『smile』の時期に長女が誕生。レコード会社や事務所の方針でこのことは伏せられていた。娘3人と息子1人がいる。2007年発売の自伝では家族とは別居状態だが、家族関係は良好であると語っている。後の2012年、タレント眞鍋かをりとの交際が報じられた際に、正式に離婚していることが明らかになった。


ここまで引用。

以上。



Norah Jones

ジャズシンガーとして世界的に有名なノラ・ジョーンズ。

ジャズと言えど、
随所に多様なジャンルを取り入れている彼女の音ですが、

彼女の芯の詰まった声に乗ると、
途端に癒しが濃縮された良質な音楽へと変わる。

ポップ要素の音を取り入れつつも流行に頼らない音楽性で、

ジャズを進化させようとする、
また彼女自身が本当にジャズが好きなんだと感じさせる音楽に

聴くものの心の奥をほっと一息、
落ち着かせてくれる不思議な力を感じることができます。

適度に力が抜けた彼女の声、
それでもベースがしっかりしている彼女の声、

いわゆる“大人声”と言わせてもらいますが、

ピアノを弾きながらその声で歌う彼女の姿を見ると
誰もが心惹きこまれるほどの魅力あるアーティストと言えるでしょう^^


“sinkin'soon”



以下、
Wikipediaより。

ノラ・ジョーンズ(Norah Jones、本名:Geethali Norah Jones Shankar、1979年3月30日 - )は、アメリカ合衆国のピアノ弾き語りジャズ歌手、ジャズ・ピアニスト。

ジャズのスタイルを取りながら、ソウル、カントリー、フォーク、ポップスなど、米国ポピュラーミュージックのサウンドを取り入れたデビューアルバム『Come away with me』(邦題:『ノラ・ジョーンズ』)が1800万枚を売り上げ、グラミー賞では主要4部門を含めノミネート部門すべてで受賞し8冠を獲得。ビルボードのコンテンポラリー・ジャズ・アルバム・チャートで143週連続1位(2002年3月16日付?2004年12月4日付)を記録するなどの記録を残した。2004年2月にリリースした新作アルバム『フィールズ・ライク・ホーム』は発売後5日目にミリオンセラーとなった。


グラミー賞受賞

グラミー賞へのノミネートは当然との見方はもとより、何部門でノミネートされるかが関心の的となりつつ2003年1月7日に八部門でノミネート。1月25日、アジア・オセアニアのツアーの最中、米国アルバム・チャートで首位に躍り出し、発売から一年に満たない期間で、米国内での売り上げ枚数は270万枚を越すこととなった。

第45回グラミー賞(2003年2月24日、現地時間は2月23日)でノミネートされていた八部門中、

アルバム『Come Away With Me』に対し、
最優秀アルバム賞(Album of the Year)
最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞(Best Pop Vocal Album)
最優秀録音賞、ノン・クラシカル(Best Engineered Recording, Non-Classical)
ノラ・ジョーンズ本人に対し、
最優秀新人賞(Best New Artist)
曲目『Don't Know Why』に対し、
最優秀レコード賞(Record of the Year)
最優秀楽曲賞(Song of the Year (songwriter)、作者:ジェシー・ハリス)
最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞(Best Female Pop Vocal Performance)
プロデューサーのアリフ・マーディンに対し、
最優秀プロデューサー賞(Producer of the Year)
と、ノミネート全部門での受賞となり、この年のグラミー賞の話題をさらうことになった、このときノラは、まだ23歳であった。


ここまで引用。

以上。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。