訪問感謝、音楽アップさせてもらって感謝。 一曲いい曲、ふらっと立ち寄る音楽の宿。
いい曲音楽生活宜しくどうぞ。随時更新。


注意:音量には十分お気をつけて!

Fugees

Fugeesといえば、歌姫ローリン・ヒル。

一時私のヘビロになってた、
“THE MISEDUCATION OF LAURYN HILL”
LPよう聴いていました。

このジャケがカッコ良かった。
太陽をイメージした?ローリンさんの顔、
まさしくローリンサン。。。
なんだかおしゃれな顔しています。


そういえば“天使にラブソングを2”にも
出演してましたね。


ここでのピックアップは
Fugees最大のヒットアルバム“The Score”内収録の
“ready or not”。

この曲、
音がカッコ良いなと思っていたが
実はこれ、
エンヤのBoadiceaをサンプリングしとったのね。
この記事書くまで知らなかったべ、
恐るべしWikipedia。。。

何によせ揉めちゃぁダメよ。


“ready or not”
音量にはお気をつけて!



以下、
Wikipediaより。

フージーズ(The Fugees)は、アメリカ合衆国の3人組ヒップホップ グループ。1990年代半ばに絶大なる支持を集めた。彼(女)らの楽曲は、ヒップホップを中心として、そこにソウルやカリブ系音楽(特にレゲエ)の要素を取り入れている。メンバーは、ラッパー/歌手のワイクリフ・ジョンがリーダーを務め、同じくラッパー/歌手のローリン・ヒル、そしてラッパーのプラーズ。ワイクリフ・ジョンとプラーズのルーツはハイチにあるが、ローリン・ヒルはニュージャージー州 サウスオレンジの出身である。グループの名は「難民(refugee)」に由来する。これまでに2枚のアルバムを発表してきた。その中でも、「ザ・スコア」は数百万枚を売上げ、グラミー賞を受賞した。1997年に、1度グループを解散し、ワイクリフ・ジョンとローリン・ヒルはソロのアーティストとして、プラーズはサントラ盤の製作や俳優としてそれぞれがソロでの活動を開始した。2004年 9月18日に、ニューヨーク市 ブルックリン区 ベットフォード・スタイベサント地区で開催されたブロックパーティにメンバー揃って出演し、グループが再結成された。

経歴
グループ最初のアルバムは「ブランテッド・オン・リアリティ」であり、そこから2枚のアングラヒット・シングル「ナッピー・ヘッド」と「ボキャブ」が発表されたが、アルバム自体は普段から彼(女)らの生のパフォーマンスを目にしてきたファンたちを満足させるには至らなかった。 しかしそれに続いて発表されたアルバム第2弾「ザ・スコア」が、1996年最高の売上げを記録した1枚となった。

フージーズの特徴は、思いもよらないような曲をカバーしたり、珍しい音源からサンプリングをすることである。例えば、「ザ・スコア」の中には、ボブ・マーリーの「ノー・ウーマン・ノー・クライ」や、ロバータ・フラックの「キリング・ミー・ソフトリー(ウイズ・ヒズ・ソング)」のカバー曲が収められている。また、彼(女)らは、エンヤの「ボアディケア」を無断でサンプルしたヒット曲「レディ・オア・ノット」において、ザ・デルフォニクスの「レディ・オア・ノット・ヒア・アイ・カム」の再解釈を行った。この曲は訴訟沙汰を引き起こし、彼(女)らはエンヤに対して、クレジットの明記と著作権使用料の支払いを行うことになった。また、バウンティ・キラーを客演に迎えた「キリング・ミー・ソフトリー」のリミックス・バージョンもロバータ・フラックからの抗議を受け、ついに正式リリースに至らなかった。フージーズは、幾度にも渡り、エンヤが事情をきちんと理解してくれたことに対して感謝の意を示している。

1997年、グラミー賞において、アルバム「ザ・スコア」がベストアルバム賞を、その中に収められているシングル「キリング・ミー・ソフトリー・ウイズ・ヒズ・ソング」がベストR&Bグループ賞を獲得した。これ以降、フージーズはソロ活動を優先させていった。

ローリン・ヒルは、アルバム「ザ・ミスエデュデェーション・オブ・ローリング・ヒル」が絶賛された。ワイクリフ・ジョンは、キャニバス、デステニー・チャイルド、カルロス・サンタナなどの数多くのアーティストたちのプロデュース活動を行いながら、自身のアルバム第1弾「カーニバル」を発表した。またプラーズは、マヤやオール・ダーティ・バスタードと共に、ウォーレン・ベイティとハル・ベリー主演映画「ブルワース」のサウンドトラック曲「ゲト・スーパースター」を発表した。互いにソロ活動を成功させていくにつれ、グループとして活動が難しくなっていく。メンバー同士の不仲説が解散理由として噂されているが、詳しくは不明。


ここまで引用。

以上。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。