訪問感謝、音楽アップさせてもらって感謝。 一曲いい曲、ふらっと立ち寄る音楽の宿。
いい曲音楽生活宜しくどうぞ。随時更新。


注意:音量には十分お気をつけて!

BECK

BECKの音を聴いていると、
彼がものすごく音にこだわりを
持っていることを感じることができる。

エディットへのこだわり。

例えばBECKの音は、
同じトラックループであっても
曲中での音のエクスプレッションをバラバラにするなど
聴いていても飽きない工夫が随所に施されている。

そんなBECKの音に対するこだわりが
聴くものの耳にいつまでも残り離さないのでしょう。


“Loser”
音量にはお気をつけて!



以下
Wikipediaより。

ベック・ハンセン(Beck Hansen、1970年7月8日 - )は、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルス出身のミュージシャン・シンガーソングライター。本名ベック・デヴィッド・キャンベル(Beck David Campbell)。

同時代の音楽界において、最も創造的なオルタナティヴ・ミュージック・アーティストのひとりとして賞賛されてきた。ブルース、カントリー、フォーク、ジャズなどのルーツ・ミュージックを下敷きにファンクやヒップホップのリズムトラックを組み合わせ、さらにはパンク・ロックや電子音楽まで幅広いジャンルを横断した音楽性や、多重録音ならではの雑多な構成、アルバムごとの多彩なサンプリングや遊び心溢れるアレンジ技術についても評価が高い。

ベックは、ユダヤ系ドイツ人でミュージシャンのデヴィッド・キャンベルを父に、ノルウェーとスウェーデンの血をひくヴィジュアル・アーティストのビブ・ハンセンを母にもつ。幼少期に両親が離婚し、兄弟と共に母の元に引き取られた。ロサンゼルスという大都会で、ヒップポップからラテン音楽といった多種多様な音楽や、母親が属するアート・シーンに感化されながら育つ。
このときの経験が彼の後の音楽性を決定することになる。1980年代半ばに高校を中退。ヨーロッパを旅し、街中で演奏しながら自身の音楽を発展させていく。ドイツにいる母方の祖父で、前衛芸術家集団フルクサスのメンバーであるアル・ハンセンの下で過ごした際には、1960年代に流行しオノ・ヨーコも所属していたフルクサスに祖父の手引きで触れていたようだ。

2004年4月にメリッサ・リビシ(俳優のジョバンニ・リビシの双子の妹)と結婚。一児の父となる。
妻メリッサとその兄ジョバンニとは若いときから友達であるが、三人ともサイエントロジストである。雑誌のインタビューなどでは絶対にサイエントロジーに関しての質問には答えない。
他にもニューヨークなどを訪れ、1980年代後半に流行したパンクの影響を受けたアンチフォーク音楽運動に関わったこともある。


ここまで引用。

以上


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。