訪問感謝、音楽アップさせてもらって感謝。 一曲いい曲、ふらっと立ち寄る音楽の宿。
いい曲音楽生活宜しくどうぞ。随時更新。


注意:音量には十分お気をつけて!

Daft Punk

One More Timeでお馴染みのDaft Punk。

この曲のPVは
宇宙戦艦ヤマトなどで知られる日本漫画の巨匠、
松本零士氏が手がけている。

初めてPVを見たとき、
斬新なアイデアを取り入れた彼らに
好印象を持った記憶を覚えています。

Daft Punkが松本零士氏漫画のファンだそうですが、
日本の漫画が世界各中で影響を与えていることを考えると
日本人として、日本の文化をもっと知る必要あり!と
しみじみ思う次第であります。。。


“One More Time”
音量にはお気をつけて!



以下
Wikipediaより。

ダフト・パンク (Daft Punk) は、フランス出身のハウス/ニュー・ウェイヴ・ユニットである。トーマ・バンガルテル(Thomas Bangalter、1975年1月3日−)とギ=マニュエル・ドゥ・オメン=クリスト(Guy-Manuel de Homem-Christo、1974年2月8日−)の2人組。1994年にシングル『ニュー・ウェイヴ (The New Wave) 』でデビューした。フレンチ・ハウスシーンのトップアーティストである。

ライブやミュージック・ビデオクリップでは、ロボコップのような仮面(フルフェイスマスク)を被って本人達の素顔を公開しないなど、ユニークなセンスも評価されている(顔の部分全面に窓が付いている金色のマスクがギ=マニュエル。目の部分にだけ窓がある銀色のマスクがトーマ・バンガルテル。それぞれ窓にはカラフルなLEDイルミネーションが光る)。

ロボットになってしまった理由として、1999年9月9日にコンピューターのバグで機材が爆発。その事故によって2人はサイボーグになってしまったとインタビューで語っている。


ここまで引用。

以上


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。