訪問感謝、音楽アップさせてもらって感謝。 一曲いい曲、ふらっと立ち寄る音楽の宿。
いい曲音楽生活宜しくどうぞ。随時更新。


注意:音量には十分お気をつけて!

河口恭吾

声が好きだ。
彼の少しかすれがかった繊細な声が。

この声にバラードは
やはり良く合う。

個人的に一番好きな曲は
“水曜日の朝”

オーラスサビ、
「僕は受け止めて愛したい。」

歌い方がたまらなく好きである。


“水曜日の朝”
音量にはお気をつけて!



以下
Wikipediaより。

河口恭吾(かわぐち きょうご、1974年10月1日 - )は、男性歌手・シンガーソングライター。作詞・作曲のクレジットは河口京吾。栃木県佐野市出身。佐野市立北中学校、栃木県立足利南高等学校卒業。


2002年4月〜1年間e-radioでDJを務める。その時にリスナーとのコミュニケーションで作られた『オメガの記憶』がその年の滋賀の高校野球のテーマ曲になり県内で話題を呼ぶ。そのため、ブレイクした後もしばしば滋賀県を訪れ雑誌の対談やイベント、番組などに出演し、河口恭吾自身も滋賀を栃木に次ぐ第二の故郷と語っている。

2003年4月に日立マクセル系のレコード会社から「桜」をリリースする。3月〜7月まで有線ラジオ放送問い合わせチャートでダントツの1位を記録する。しかし、レコード会社がなくなり(日立マクセルが音楽事業から撤退のため、その事業会社であるマクセル・イーキューブを解散)、ワーナーミュージック・ジャパンに移籍。同年12月10日に『桜』を再リリースし大ブレイクする。

2004年、『A Place In The Sun』をリリースするも、世の中はアテネオリンピックの真っ最中でその存在がオリンピックの歌の陰に隠れてしまった[要出典]。

2005年にかねてからウワサされていた、ダイハツ「タントカスタム」CMで尾崎豊の「I LOVE YOU」をカヴァーしていることが判明した。尾崎豊のプロデューサーだった須藤晃が河口を指名して実現した。

2006年にベストアルバムを発売し日本クラウンへ移籍した。

2007年4月3日に上野公園水上音楽堂で行われたキンモクセイ のフリーライヴにゲスト参加し、河口本人の曲「桜」をキンモクセイとデュエット。約1,000人の観客を驚かせた。7月には、中孝介のアルバム『ユライ花』に「サヨナラのない恋」を楽曲提供。8月18日には、大阪・服部緑地野外音楽堂でライヴ「夏を旅する10月の息子」を開催。Soweluや中孝介ら豪華アーティストがゲスト出演した。


ここまで引用。

以上


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。