訪問感謝、音楽アップさせてもらって感謝。 一曲いい曲、ふらっと立ち寄る音楽の宿。
いい曲音楽生活宜しくどうぞ。随時更新。


注意:音量には十分お気をつけて!

タカチャ

タカチャ。
名前もおもしろいが、
それ以上に経歴がおもしろい。

彼の音楽は実に呼んで字の如し
音を楽しむ、愛と幸せに溢れた音楽。

このようなアーティストが
今後も活躍していくことを祈るばかりです。



ここでは“ツヨガリ”
音量にはお気をつけて!



以下
Wikipediaより。

タカチャ(本名 さとうたかのり、1981年10月28日 - )は、青森県八戸市出身の歌手。

両親が音楽教師。高校を中退し、高校時代に組んだバンドで上京する。バンド解散後は鳶職に就き、独学の楽曲製作&ライブ活動を展開する。 鳶職人としては、六本木ヒルズの建設などにも携わった。

2005年3月、インディーズデビューアルバム「Your heart is...?」をリリース。代表曲「田舎」の歌詞に「八戸」と歌われ、八戸市内の街では多く流れた。

7月13日にマキシシングル「ソノサキニ」でエピックレコードジャパンからメジャーデビュー。

SMAPに「優しい言葉」(BANG! BANG! バカンス!のC/W)「Sweet Summer Surfing Season」「Shigusa」(SAMPLE BANG!)「Nai Yai Yai」(Pop Up! SMAP)の楽曲提供。

自己紹介フレーズとして『青森県、八戸市、レゲェアンドブルースシンガーのタカチャです。』と全国各方面では欠かさずに告げていたが、ハンチングを脱いだ後はあまり言わなくなった。

同年12月24・25日に放送の青森放送「RABラジオ・チャリティー・ミュージックソン」でメインパーソナリティーを務めた。

2006年6月26日、地元八戸市の「特派大使」に任命された。75人目の特派大使であり、ポップスの歌手としては史上初で最年少。

スペースシャワーTVの「Oxala! Tuesday」のVJをDEPAPEPEの三浦拓也と担当する(放送終了)。

2007年6月、11ヶ月ぶりとなるシングル「ツヨガリ」リリース。リリース記念イベントとして、ネット上で「ツヨガリ伝言板」が生放送され、弾き語りも披露した。

ここまで引用

以上



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。