訪問感謝、音楽アップさせてもらって感謝。 一曲いい曲、ふらっと立ち寄る音楽の宿。
いい曲音楽生活宜しくどうぞ。随時更新。


注意:音量には十分お気をつけて!

Radiohead

いまや全くの音楽知らずの方にも
認知されてるであろう?レディオヘッド。

ジャンルという枠にははまらないロックバンドではるが、
個人的にはエモコアバンドの位置づけ。

イギリス系のバンドは
コード進行がイギリス流というのがあってか
どのバンドであっても壮大なイメージを与えるものが多い。

その中でも
現在の大将格レディオヘッド。

個人的には“the bends”が
お気に入りアルバム。


ここでは“CREEP”
音量にはお気をつけて!



以下
Wikipediaより。

1985年にオックスフォードで結成。1992年にメジャーデビュー。現在までに7枚のアルバムを発表。同時代の音楽界において、最も創造的な音楽グループとして賞賛されてきた。ポストロック・電子音楽・ジャズ・現代音楽などのジャンルを横断した音楽性や、アルバムごとの急進的な変化について評価が高い。

オックスフォード郊外にある全寮制の男子校アビンドン・スクールで当時中高生であったメンバー5人は出会う。それぞれ別のバンドで活動したのち、1985年に「On A Friday」というバンドを結成。

1991年にEMI傘下のパーロフォンとメジャー契約し、バンド名をレディオヘッドに変更する。1992年にEP『Drill』でメジャーデビュー。翌年、1stアルバム『Pablo Honey』(1993年)からのシングル『Creep』が若者から熱烈な支持を受け、世界的なヒットとなる。この当時はトリプルギターにベース、ドラムという比較的オーソドックスなロックバンドであった。

ギターロックをより押し進めた2ndアルバム『The Bends』(1995年)により、人気を不動のものとする。この頃から次第にロック以外の音楽と接近していき、メンバー各自が様々な楽器を使い分けるようになった。この作品からプロデューサーのナイジェル・ゴッドリッチと組むようになる。

そしてその頃イギリスで流行していたトリップ・ホップなどからの影響もうかがわせるような曲を作りはじめ、1997年にはそれらの実験的な試みの結晶ともいえる3rdアルバム『OK Computer』(1997年)を発表した。このアルバムは全世界で大きな評価を獲得し、1990年代のポップ・ミュージックを代表する金字塔としばしば評される。2005年にはチャンネル4が行なった「偉大なアルバム・トップ100」投票で堂々の一位に選ばれた。

ここまで引用

以上



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。